自由時間

 オレはブログを書くのを毎日やるべき作業として認識している。そう認識してから更新がスムーズになった。仕事を失って時間ができたからという後押しもあるが、とにかく更新できるようになった。今日はそういう作業感を抜くことを意識して書いてみる。いつも思ったまま書くだけではあるが、意識することに意味があるかもしれない。ということでスタート。

何を書いても自由

 問題になるような発言は避けるが、それ以外は自由に書く。思ったまま書く。そういう記事に挑戦だ。フリースタイルブログの始まりである。大して中身のない記事になりそうな予感がするので先にお伝えしておく。適当に読んで欲しい。

プラチナデイズ

 世間はゴールデンウィークだが、オレは無職というプラチナデイズの期間中だ。休み前に仕事を決めておきたかったがダメだった。40超えての就職活動は思っていたより難航しているので開き直って休みを満喫(主にブログ執筆)している。就職活動疲れにやられないための自衛行動かもしれない。

6億当選でもしなけりゃ叶わぬ夢

 ふと、やりたいことを考える。カリフォルニアでバカンスしたい。圧倒的な資金を持って心ゆくまでバカンスしたい。結局6億当選の妄想に耽ることになるのか。そういう夢に対して自分の人生がある程度詰んでいる状況を感じる。宝くじでも当たらないと叶わない夢。いやいや、そんな風に考えたら絶望しそうなのでちょっと考える方向を変えよう。

暗い気持ちに飲まれてはならぬ

 襲いかかる暗い気持ちを薙ぎ払うべく意識を変える。人生なるようにしかならない。思いつくことをやれるだけやってみよう。サラリーマンしながらだって夢は追える。叶わないまま死んだってそれも受け入れるしかない。世の中そんなもんだ。今更絶望するようなことじゃない。いつだってクソみたいな世界だ。変な期待をやめよう。やるかやらないか。結果は誰にもわからない。そういうもんだ。

開き直る

 危なかった。ふとしたきっかけで闇落ちするところだった。どうにもできないことが立ちふさがっても、開き直って生きるしかない。できることなんて限られてる。やれることをやるだけだ。何も変わりはない。いつも通り。死ぬまでやりたいことやるだけ。そりゃやりたくない仕事もやらなきゃいけないだろうけど。何となく先が見えちまって心がざわざわしてしまうのは仕方ないことか。もう俺の人生に劇的なことは起こらないだろう予感。それがとても苦しいのだ。すごく嬉しいことは何があるだろうか。なんだか思いつかないんだ。

変わりゆく視界

 友達と集まって酒飲んでりゃそれでよかったのは35歳くらいまでだったのかな。急にどうでもよくなってしまった。次の日の二日酔いを考えるとがぶ飲みなんてしたくなくなった。酒がそんなに好きじゃなくなったら集まるのもなんだか億劫になった。心地よく過ごせる友達だけいればよくなった。酒の席では「俺たち一生親友!」とか盛り上がってたやつもどうでもよくなった。どうでもよくなって会うのを面倒がってたら疎遠になった。それでよかった。自分が望んでそう仕向けたのだ。

気の合う友達

 こうなってくるとそれまでいかに雑に友達を選んでいたのかがわかるようになった。酒を飲まなきゃ付き合えないような連中とは酒がなければ縁が切れるだけだ。そういうことにもっと早く気付きたかったがもう過ぎたことだし、その時まはた別の考えでいたんだろうからどうしようもない。実際のところ、今も付き合いのある気の合う友達だって、年に1回くらい会えればそれでいい。そんなに頻繁に会いたいとも思わなくなった。心が老いていっているというのもあるだろう。とにかく今の俺は若い頃には想像もできなかったくらい枯れた精神の持ち主になってしまったようだ。

枯れた気持ち

 一度気持ちが枯れてしまうと、もう打つ手はないように感じている。それこそ宝くじでも当たらないと若い頃のような弾ける精神は戻ってこないだろうと思っている。40年以上生きてれば嫌でも先読みするようになっちまう。根拠もなく明るい未来を想像できなくなっちまう。淡々と生きてそれなりに悲しんで死んで行くんだろうか。想像する未来なんてそんなもんだ。考えると嫌になるから今に集中しようとする。なんだか寝付けなくなってもやもやをブログに綴る。

ブログがあるからまだいい

 80記事以上書いてもろくに読者がいるようにも感じないこのブログではあるが、気持ちをぶつける場所として俺にとっては聖域のようなものだ。昨日のPVは1だ。ど底辺ブログ。こんなもん這い上がれる予感がしない。それでも書き続ける。そういうやつがいてもいいだろ。俺よりずっと若いのに「今月のPVは〜で〜収益はうんびゃくまんえんで〜」ってのよりは人々に希望をもたらすだろ?PV1。なんでネットサーフィンしててマウンティングされにゃならんのだよ?クソ。まぁ、俺の書くものなんかよりよほど実のある記事を書くんだろう。

凄そうな奴のところに人もカネも集まる

 だから、もっと人を集めるために自分がすごいことをアピールし続ける。それを見た俺は不甲斐ない自分と比べて勝手にマウンティングだと感じて勝手にダメージを受ける。まぁそんなとこだろう。でもさ、成功してる人たちってさ、ずっと上をみてるじゃん、下をいたわったりしないじゃん。政治家も実業家もみんなそうじゃん。世界一金持ってそうなのに「もっとお金が欲しい」とか言ったやつがいるとかいないとか。なんだよそれ。いたわってくれよ弱者を。何に取り憑かれてんだよ。宝くじ何回も当たったようなカネ持ってるのにまだ求めるのかよ。人って怖えー。欲ってマジでキリがないんだなー。

人は人を救わない

 何とかハンバーグだかザッカーバーグだか知らんけどそういう大大大金持ちの若い奴なんて資産8兆円?とか持ってても人救おうとかしてないじゃん。俺みたいな持たざる者から言わせりゃとんでもなく嫌な奴だよね。もう資産がマウンティングじゃんか。見せつけるだけ見せつけて目の前で死にそうな人すら見捨てそうなやつなんじゃないのか、とか勝手に想像しちまう。どうせ一生縁のない大金持ち相手に媚びたくねー。意味もなく敵意むき出しな俺もどうかとおもうけど、とにかくやるせなくなるんだよ、国家予算みてーな莫大な金を持ってる個人が自分のために生きてるのを見るとさ。気まぐれでも何でもいいから弱者を救ってくれっての。試しに俺に10億円くらい渡してごらんよ、とか言いたくなっちゃう。あーあ。つまんねーこと書いちまった。そーだよ、こちとらプライドなんかねーっての。

好き放題書いて好きに死ぬ

 もうこれだよね。人生は。みんなどうせそれぞれの立場でできることを好き放題やってんだろうからさ。遠慮なんかいらねーよ。好きに生きて好きに死ぬ。そんくらいしかできねーだろ。ああ、今日はいつにも増して酷い文になってしまった。でも知らねー。PV1だし影響ないだろ。下手すりゃ自分で確認したときの1回がカウントされてるかも知れねーし。だとしたら誰も見てねーし。あーあ。やんなっちまうぜ。必死で書いても誰にも必要とされない文字をインターネットに放流し続ける阿呆。それが俺。あーあ。救われねー。ハンガーバーグでもベゾスでも誰でもいい。救ってくれー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク