迷うという娯楽

FewRew

私は優柔不断な人間だ。

だからこそ、迷う事が多い。

なので、迷う事が娯楽になれば、自分の気分が上向く要素が増える。

ということで今回は、私のように優柔不断を自覚していて、かつ、その要素を前向きに捉えたい方に向けた記事を書く。

迷うこと

私はほぼ毎日何かで迷っている。

自然にやっている事なのだから、それを活かしたいと考えた。

例えば、今日何で迷ったかを書き出してみる。

今日迷った事

・回線が途切れがちな無線LANルーターを買い替えるか

・どのルーターにするか

・100均に買い物に行き、エコバッグの柄を緑にするか紺にするか

・手袋のサイズをMにするかLにするか

・スマホ用のフレキシブル三脚を買うかどうか

・薬局で、歯磨き粉(シュミテクト)を買おうとして、どの種類にしようか

・買った三脚の写真をブログに載せるかどうか

・昼ご飯は何にしようか

・昼から飲んでしまおうか

・気になってる会社の仕事を片付けてしまおうか

書き出すと結構迷っている事がよく分かる。

迷う傾向の把握

まず、どんな事で迷いがちなのか、を把握する動きを取る。

・買うか買わないか、買うとして、どの種類にするか。

・何をするか、やるかやらないか

書き出した迷いを見てみると、どうやらこの2点で迷う事が多いようだ。

そういえばMacBookAirも、買うか買わないか、どのモデルにするか、でずーっと迷っている。

考え方

スパッと決めたらラクになる、ではなく、迷う事を楽しむにはどう考えればいいだろう。

まず思い付くのは

・期限を決める。

いつまでに決めるのかを決めれば、その間は余裕を持って迷う事ができる。

・必要な情報を集める。

情報が少ないと決めきれない事が多い。決断するのにどんな情報が必要かを考えてから収集すれば、決断しやすいはずだ。

・タスクとして扱う

必要な情報を元に検討して、期限までに決断するタスクとして消化することで、キチンと決めた、という達成感を味わう。

まとめ

迷う事があったらタスクとして認識して、情報を元に、必要な期限までに決断する。それによりやり遂げた達成感を味わう。

しばらくの間、こんな事を考えながら生活してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました