第一話

寝る前に読みたい物語

ほっこり

ほっこりという言葉が好きだ。じわーっと温まるような感じがする。それでいてどこか間の抜けたようなひょうきんな響きがある。ほっこり。なんとも不思議な言葉である。

この物語は読んでくれた人に「ほっこり」を届けたいという思いで書き進めていきます。

第一話 ごあいさつ

あぁ、平和だなあ。

起伏も脈絡もない、オチすらない、だが、ちょっとだけほっこりする。そんなマンガを、私は書きたい。

それでは、おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました