月収1000万円の生活を思い描いてみた

FewRew

ご覧いただきありがとうございます。

私の夢である月収1000万円生活を実現するために、その生活を具体的に考えてみるのが今回のテーマです。

考えるだけでワクワクします。だからこそ夢なのです。

以前、6億円が当選した妄想をしていましたが、50年かけて使い切るプランを立てたところ、1ヶ月に使えるお金は100万円でした。

6億円当たるよりも、1ヶ月に1000万円収入がある方が大きな夢なのです。

夢を月収1000万円に決めた私は、宝くじを買うのをやめました。

月収1000万円の場合の税金が50%だとして、毎月使えるMAXのお金は500万円ですね。

だから、1ヶ月に500万円使える生活を思い描くのが今回の記事となります。

1箇所にずっと住むよりも、夏は海の近くに、冬は雪山の側に住みたいので、何箇所か拠点が欲しいです。

基本的には海に自転車でいける距離に住んで、冬はあちこちのゲレンデに隣接したホテルを転々としながら暮らす、というのが良さそうに思います。

キャンピングカー

フェラーリ

NVAN

この3台で大体の欲求は満たせそう。

趣味

音楽機材

MacBook

iPad

iPhone

Apple Watch

AirPods

カメラsony α1

ビデオカメラMagic

サーフボード

スノーボード

電動アシスト自転車

毎日でもバーベキューできる庭

想像だけで満たされそう。

生活

1ヶ月に500万円使えると言うことは、1日当たり16.6万円使える、ということです。

とはいえ、家賃などの固定費が必要なので、生活費300万円、固定費、雑費合わせて200万円とすると1日10万円生活、ということになります。

ここまで考えて分かったことがあります。

これ、もっと欲しくなるな、ってことです。

次ば1日100万円、その次は1日1000万円使いたくなりますね、確実に。

もう使いきれないくらい稼いでるだろうに、もっと欲しがる心理に触れましたね、今。

そういう限りない欲望へのカウンターとして宗教が必要なのかもしれません。

話が逸れましたが、1日10万円生活の夢を続けます。

まずは生活に必要な項目を洗い出します。

朝食

昼飯

夕食

絶対に必要なのはここまでですね。1食3万円使えるんですが、おそらく朝食1000〜2000円、昼飯5000円〜1万円、夕食は1万円〜思い切って5万円、てところですかね。

月収1000万円でも毎晩100万円分飲むぞ〜とかやってると破滅するんですね。そりゃそうか。

毎晩5万円の夕食を食べても破滅しない、とも言えますが。

いやはや、早く味わいたいです、その感覚。

あと、外出時は、諸々の費用がかかりますね。

移動費

宿泊費

買い物費

この辺りの費用は雑費として、固定費と合わせて月200万円以内にすればオッケー。

家賃10万、20万、30万の3軒を借りて計60万円、水道光熱費、通信費なんかを計10万円として、合計70万円。あと130万円が旅行や何かに使えるというパラダイス感。使わなければ毎月130万円貯金できますね。

想像してただけで気が大きくなってきたので、この生活が5年続いたらどんな人間になっているのか、今の感覚を持ち続けられるのか、非常に興味深いところです。

自我を失いそうになったら、この記事を読みに戻ってきます。

毎月ハワイやカリフォルニアやカナダやらに2週間、日本に2週間、という生活でも問題ないですね。その生活をYouTubeにアップすればさらに視聴者を獲得できそうな好ループ。あ、心からやりたいです。その生活。

でもそれって、収入が減るとヤバいですよね。最低でも現状維持、心理的には増やし続けるしかない、という感覚がまとわりついてきそう。

心が落ち着かないんじゃお金持ちになった甲斐がない。だから、散財生活は長くは続けない方が良さそうです。とはいえ、ある程度欲求を満たすほどには散財しないと、これまたお金持ちになった甲斐がないですね。

自分をコントロールするチカラ、自制心なくしては破滅に向かう絵が見えてきました。

ここまではよくある、宝クジとかの高額当選者が破滅するお話から得た教訓です。

で、思ったのですが、そういう事は、お金持ちになってから気を付ければいいんじゃないかなってこと。

今はただ、月収1000万円を夢見て目指すだけでいいです。

余計な事は考えずに、ただひたすらに目指すのみ。

がんばります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました