高額当選の妄想に逃亡

 タイトルの通り、高額当選の妄想に逃げ込みたくてこの記事を書いている。オレにとって突然何億ものお金が手に入ることを想像する行為は精神を安定させるための行事のようなものだ。この妄想が役に立つのは本当に当選した場合なのだが、当たらなくても心を安定させる逃げ道として機能しているので定期的に妄想することにしている。

BIGで6億円当たったと仮定

逃げていいんだ。向き合うには現実はツラすぎる。

 さて、いきなりだが6億円当選して口座に振り込まれたと仮定しよう。具体的な想像は現実を引き寄せると信じて。まずは100万円口座から引き出そう。この100万円は当選祝い金として数日中に使い切ってよいものとする。

100万円の使いみち

 自由な100万円の使いみちを考えるのは、何億というお金の使いみちを考えるより気楽でハッピーな世界だ。まずは100万円を自由に使う事で当選した実感に浸るべきだ。無駄になってもいい。気の向くまま100万円使っちゃおう。

パソコン、スマホ

 今回で初めての妄想ではないが、妄想は何度だっていい。まずはMacbook AirとiPhone XS MaxとiPad Proをゲット。40万円ほど消えた。まだ60万円ほど使える。パスポートを作ってカリフォルニアに行こう。大人一人、ビジネスクラス、3週間滞在で検索したら50万円ほどだった。滞在中に10万円使うとしてちょうど使い切れる。こんな100万円の使い方をしたい。快適なホテルのどこか居心地のいい場所でのんびりしながら新しいMacbook Airで快適にブログを更新する。心配事は何もない。お金で得られる幸せのすべてを満喫する。3週間ですっかり別人になっているかもしれない。

残り5億9900万円の使い道を考える

 カリフォルニアの日差しを浴びながら残り5億9900万円の使いみちを考える。その時オレの思考はきっと涅槃にいるだろう。次の100万円を使って旅行しながら残りの使い道を考えたっていい。気が済むまでバカンスしながら次の使い道を考える。そこは地上の楽園かもしれない。もう元の暮らしには戻れないだろう。

家、車

 家は慎重に考えないといけない。豪邸に浪費するのは避けたい。3000万円~5000万円の建売を買うのが現実的か。ローンで買わないと高額当選を疑われるかもしれない、なんてことを考えた。車は500万円までにしよう。3年毎に乗り換えてもいい。高級車に乗って金持ちアピールなんて無用なリスクを増やすだけだ。そこそこいい暮らししてそうな庶民くらいのイメージで生きよう。賃貸にしても家賃15万円くらいまでの物件にして毎月固定の出費はなるべく抑えよう。それでも今より断然いい暮らしなのは間違いないのだから。

家と車その他生活費で5900万円使ったと仮定して、残り5億4000万円

 ある意味ここからが本題だ。この残り5億4000万円をどう使うかが問題なのだ。1年で1000万使って暮らして54年も生きれるこのお金。投資やら株やらに手を出して運用しようと企むより、使い切りプランの方がいい可能性もある。1億円をタネ銭にして何か大きな勝負をかけるのも夢がある。

暫定プラン

 ここまで妄想してほぼプランが固まってきた。まず40万円で パソコン、スマホを新調 し、160万ほど使って1~2ヶ月カリフォルニアやカナダなどに3週間ずつ滞在。滞在期間中は5000万円まで出資して可能なビジネスを考える。家や車は買わない。今のまま賃貸と軽自動車。どちらもほとんど使わないはず。1年間1千万円でくらす生活を10年で1億円使用。その10年間でビジネスをやるアイデアやタイミングがあれば挑戦する。ビジネスは運転資金1年分も含めて1年で5000万円までとする。成功したらそのまま続けるなり拡大するなりを検討。失敗したら次の10年は毎年500万円生活。5000万円で暮らす。ここで生活の質を下げれるかどうかわからないが、下げれないなら増やす挑戦をするしかないし、快適に暮らせたらそのままの生活を維持すれば残りの4億円以上の資金で80年暮らせることになり、死ぬまで働かずともよい。余裕でゴールできる。

プランは整った。あとは当てるだけだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク