人は、過去の行いで決まるのではない

人を決めるもの

それは、過去の行いではなく、今の行い、今の考えだ。過去にとらわれていては、永遠に抜け出せない牢獄に囚われているようなものだ。反省も後悔もしたいだけすればいい。だが、過去の牢に囚われている間は、今の自分のベストを発揮するのは難しい。反省、後悔する過去があるなら、それを活かして今を輝かせるべきだ。

時間は流れるもの

だから、過去は戻らない。戻れない。起きた事は変えられないのだ。変えられるのは今。今、どうするかだ。昔できた事が今できるとは限らないし、できなかったことができないとは限らない。今、直面している今を変えるのは、今自分がどうするかだ。今の自分が能力を発揮できるように、正しいと思える決断ができるように、今の自分をサポートしよう。考え方や気の持ちようは、今の自分を活かすために使うべきだ。

環境は人を変える

今の環境に目を向ける。自分が過ごしやすい環境にいるほうが能力を発揮しやすい。意味も分からずつらい環境にいれば、できることさえできなくなったりする。人、場所、境遇、待遇、関係性、それらの要素が自分にピンとくる環境を探そう。作ろう。育てよう。注いだ力が、情熱が、きちんと伝わる環境が望ましい。伝わったものが返ってきたとき、より力を発揮できるだろう。自分が活きる場所でこそ、やりがいは生まれるものだ。やりがいを共有できる場所では、人は想像以上の力を発揮することもある。

自分で自分を変える

どんな環境を選ぶか、どんな気持ちで取り組むか、何を望むのか、そういう事の優先度を上げる事で、自分自身が変わって行く。意識する事、大事にする事、今と向き合う事、そういうものが自分を変化させていく。自分の望む方に変化していけるように、自分自身を導くのだ。自分をいい方に持っていこうとすることが、自分にとって当たり前の事になるように過ごしていく。

前向きになれそうな流れをつかむ

人生いろいろというやつで、うまくいかない日もあればうまくいく日もある。なんとなくいいことが続く時期もあれば、逆の時もある。だから、流れが来てると感じたら、とことん勝ちにいってみる。流れが悪ければ、慎重に過ごす。そんなメリハリをつけてみる。何となくいい流れを感じるという自分の感覚に乗っかってみる。感じる事に従って生きてみると、新しい発見がありそうな気がする。

流れに乗り続ける

一度いい流れに乗ったと感じたら、その流れにギリギリまで乗ってみる。波のイメージだ。大きい波もあれば小さい波もある。乗りやすい波もあれば乗りにくいのもある。つかみにくいが、乗ってしまえば楽に乗り続けられる波もある。サーフボードの選択、風、天候、気温、気分、体調、色んな要素が絡み合ってくるのは人生もサーフィンも似ている。いい時期も悪い時期も、1つ1つが波のようなものだと意識する。今乗っている波が、人生にとってどんな波なのかを考えてみる。いい波だと分かったら、流れに合わせてその波を楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました