大事なことは何度でも

繰り返す事の力

信じる心の作り方

繰り返す事。慣れる事。コツを掴む事。それらは目に見えないが強い力を持つ「自信」というものを形作っている。自信が無い状態とは、成功を繰り返す事に慣れていない状態だ。

スポーツ

どんなスポーツも、上達したいなら繰り返し繰り返し練習する必要がある。自信を持つという心の活動においてもそれは例外ではない。バスケットボールのシュートのように、サーフィンのテイクオフのように、スノーボードのカービングのように、繰り返し練習して、できるようになるまでひたすら繰り返す。できるようになったら、より確立が高くなるように、無駄な力を抜けるように、よりイメージ通りにできるように、また繰り返し練習する。実践する。失敗にはヒントがあり、成功には理由がある。自分を信じて生きれるように、スポーツのように練習、実践を欠かさずに暮らそう。

パフォーマンス

自信がある状態だと、パフォーマンスも向上する。決断力は冴え、実行へのためらいは無くなり、どうやるかに集中している。状況を見極め、予想し、自分がどう動くべきかを瞬間的に閃くようになる。最大の力を引き出したいのなら、まず持つべきは自信なのだ。

何が成功なのかを考える

お金

お金をたくさん稼ぐ事は、今の世の中で一番わかりやすい成功だ。だから、高級なモノには成功のイメージが付いてまわる。しかし、高額なモノが人生を成功させてくれるわけではない。わかりやすく自信の手助けになるので、利用できるならした方がいいが、必ずしも必要なわけではない。求めているのはお金の大小に左右されない自信なのだ。そういう確固たる自信を持って気持ちよく過ごしていければ、それが成功と言えるだろう。

今日も一日気持ちよく過ごせたと思う事

これが今思いつく中で最も効果的な練習だ。寝て過ごしたにしろ、精力的に活動したにせよ、一日の終わりに自分らしく、気持ちよく過ごせたと考える時間を持つ事。自分の1日を肯定して終えるクセを付ける事。それに慣れる事。世の中の価値感に合わせて分かりやすく成功する必要は全くない。自分が成功だと思う事。それが自分にとっての成功だ。

まとめ

1日を気持ちよく終える事が成功への近道だと信じ、それが身に付くまで毎日練習する。何度でも繰り返し練習する。自分の成功を世の中の価値観に合わせるのではなく、自分の成功は自分で決める事を習慣にする。そうして自信が身に付いたら、頭の中に強力な助っ人がいつもいる状態になるだろう。そうやって人生を幸せに過ごしていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました