自分の味方

いつもそばにあるもの

自分の心

自分の心は、いつも自分のそばにある。だから、自分の心が味方になってくれるか敵になってしまうかで、人生が変わる。言葉にすれば当たり前の事だが、そういう「当たり前」というやつは、当たり前ゆえについつい忘れやすい。「当たり前の事」を忘れてしまうと、自分の方向性を見失ったりすることもある。人間の心とは不思議なものだ。これからの人生、道に迷わないためにも、自分の心の当たり前をまとめてみる。

自分の心からは逃げられない

逃げられないのだから、味方にすれば最高だ。敵になれば最悪だ。残念なことに、自分で自分を責め続けるような「敵」状態の心になってしまう事もある。ツラいのだが、そういう時はどうやって味方にすればいいかなんて考える余裕が無くなってたり、忘れてたりする。なので、味方にする方法を決めておく事にする。

味方にするには

「これからの自分には、いい事ばかり起こる」そんなふうに考え続ける事がいいと思う。それこそ「信念」のように自分の未来を信じ続けてみる。なんとなく、若いころは根拠もなく自分の未来を信じていた。実際に未来を迎えてみて思うのは、いい事ばかりではなかったが、一番良かったのは「未来を信じていた時期」なのではないかという事。結果がどうこうではなくて、ただ単に「自分にはいい未来が待っている」という確信めいた気持ちを持って過ごした時期の自分の心は最高の状態だったように思う。根拠など必要なかったし、当然結果なんてその時は知らない。何かを信じて生きるなら、自分の明るい未来を信じてみよう。その時、心はきっと自分の味方をしてくれる。

突き詰めていこう

心を味方にできれば、確実に人生は自分にとっていいモノになるだろう。ブログの1記事で終わらせずにじっくりしっかり突き詰めていこうと思う。ライフワークにすることで、よりよい暮らしができると感じる。

自分は自分の味方だと自覚すること

そうやって意識すると、目に見えない味方ができたように感じる。友情や愛情など、目に見えなくとも大切なものはあるが、これもその1つだと思う。自分がいい時も悪い時も、いつも一緒にいて自分を支えてくれるものなのだから、大切にした方がいい。

まとめ

何かを心から信じる事

信じるというパワー。何かを信じる心は自分を強くする。若いころはたくさん持ってたと思う。信じる根拠は自分が信じれると感じるから。それだけで人は強くなる。自分と自分の未来を信じる。何かを信じて生きるのは、人生を生きやすくしてくれる。生きやすく生きていこう。この記事は時々読み返して過ごしていこうと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました