ゲームとマンガとブログの暮らし

消費型の娯楽

ゲームとマンガ

ハマれる作品に出会えると嬉しい。ワクワクする。楽しい。しかし、一通り楽しんでしまうと、次のハマれるモノに出会うまでが退屈だ。とはいえ、インターネットもあるし、インドアな暮らしは快適になる一方である。

インドアな暮らし

ネットでの買い物は便利になる一方で、どんどん外出の必要を奪っていく。お米や飲料はもちろん、お肉や魚などの生鮮食材まで扱う便利なネットスーパーの台頭で、俺の暮らしから外出の機会はどんどん奪われていった。ゲームもダウンロード版の販売によってゲーム屋に行く必要はなくなったし、本は電子書籍に取って代わった。気が付けば仕事や人に会う以外の用事で外に出る必要性がほとんどなくなっていたのだ。

生産型の娯楽

文章、絵、音楽

ブログを書いたり絵を描いたり、作曲したり、自分から生み出すタイプの娯楽も楽しい。消費型と違い、自分で作り出す達成感がある。が、どれも続けるのに根気がいる。迷ったりつまずいたり、投げ出したくなったり、そういうものと戦う必要のある娯楽だ。

ブログを書く事

1ヶ月ほど続けてみて、書く習慣や、リズム、自分なりのペースが少しずつ分かってきた気がする。もう少し身を浸して徐々にスキルアップしていきたい。

娯楽との付き合い方

スノーボードやサーフィンのように、自然が相手のスポーツと違い、生産型の娯楽はいつでもどこでも頭の中で取り組むことができる。日常に溶け込む形で生活に刺激や潤い、時には苦悩を、時にはそれを乗り越えた達成感を与えてくれる。そう考えるとブログって結構いい娯楽かもしれない。苦悩は欲しくないけど。考えるのが楽しいテーマを探して記事にしていこうと思う。

課題

ブログを書きながら、あれこれ考えて気が散って文字にならない事が結構ある。頭の中がゴチャゴチャにならないようにまとめるイメージを持ってみようと思う。

書いていて思うのは、自然と発生する考えの比率がネガティブ傾向にあるということ。ポジティブとネガティブのバランスを改善していきたい。もっとポジティブ思考で生きたい。

さらに思うのは、逃げの文章に進みがちな事。誤解を恐れたり予防線を張ったりしていては辿り着けない表現の部分には強い力があると思うので、思うまま書く強さを身に着けたい。

まとめる力が欲しい。あれこれ思い付きで書いていると、どうしても内容がまとまらなかったり脱線しまくってわけわからなくなったりしてくる。そういうフリーライトにしかない良さもあるけど、それもひっくるめてコントロールする技術を身に着けたい。

まとめ

とりあえず今回もあれこれ書いてまとまらない感じになってしまったが、どういう風に書いていきたいかは大体浮き彫りにできた。今後は課題を意識して書いていこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました