6億円を好きに使うなら何をするか

前回まで、100歳まで6億円を使ってどう生きるかを考えてきたが、今回は残りの人生を考えずに6億円使うなら何をするかを考えてみる。

豪邸でも高級車でもヘリでも山でも何でもアリだ!せっかくの妄想を楽しまなきゃ!

6億円で何しよう

体育館

思い付きで体育館を建てるのにかかる費用を調べてみた。どうやら1億円くらいで建てれるようだ。自分用の体育館を建てて好きなときにバスケができる!6億円全部つぎ込んだら相当豪華な体育館ができそうだけど、維持費を考えると3億円くらいまでかなぁ。固定資産税ヤバそう。

人口波のサーフィン施設

これは最低4億円くらいかかるらしい。他にも色々クリアしないといけない問題があるみたい。しかし、もろもろひっくるめて何とかクリアできる場所がどこかにあるかも。文字通りのマシンウェーブに乗り放題なんて最高過ぎる!果たして6億でも可能なのかどうか不明だけど。

自給自足生活

広い土地を買って井戸を掘ってソーラー発電設備を設置してオール電化の家を建てて重機買って畑を耕して出来る限りの自給自足を目指す暮らし。なんなら無人島を買って開発するのもいい。ちょっと気になって日本の無人島の値段を見てみたら、1500万円~数億円まで色々と出てきた。小さなリゾート施設として開発するのもアリか。結構ワクワクする。

ブランド設立

新素材の開発をしたり、山用、海用、バイク用のウェアを作ったり、自分のブランドを設立してやりたい放題!あ~メッチャやってみたい~!ここまでで一番テンションあがったので、もし当たったら実行してみたい。スノーボードの板やビンディングやブーツを開発したりするのは奥が深くて楽しそうだ。スニーカーのブランドも作りたいな。面白くてやりがいありそう。

自家用ヘリ購入

免許取得に1千万円、ヘリは3000万円くらい~、維持費は年間4~500万円くらいらしい。東京ー苗場を片道4~50分で行けると聞いたことがある。気に入った機体を買って、豪華な自家用ヘリで遊んでみたい!

豪華客船で世界一周クルーズ

500万円くらいのプランがイロイロあるようなので、その他チョイチョイ贅沢しても1000万円あれば楽しめそう。気に入った国があったら、後でまたその国に行ってしばらく住んでみるというのもアリだ。6億の財力を持って世界中を長い事放浪生活なんてしていたら、いったいどんな感覚になるのだろうか。興味深い。

今回はここまで

現実味の無いプランがどんどん出てきたが、調べてみると普段気にした事の無いモノの値段が分かったりして面白かった。いろんな贅沢の仕方があるんだなぁ。個人的にヨコノリ系ブランドの設立が一番楽しそうに感じた。売れなくて在庫の山を抱える事になったら目も当てられない状況になりそうなのが怖いけど、6億の財力を思いのままに使って挑戦てみたい。妄想でも挑戦をためらう自分が少し悲しいのであった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク